読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

アルミニウムMacBook / 同Proにおける「マウスがあるときはトラックパッドを無視する」の設定方法

MacBook / 同Pro (Late 2008)は、4本指ジェスチャなどに対応した新しいトラックパッドを備えている。このトラックパッドを使えば、ピンチイン/アウトで拡大縮小が出来るなど操作の幅が広がるため、マウスを接続していたとしても有効活用したいところだ。
しかし、トラックパッドとマウスを併用する上で1つ問題が発生した。以前使用していた初代MacBook Proでは、システム環境設定で「マウスがあるときはトラックパッドを無視する」というオプションをONにしていた。この設定は移行した新MacBook上でも有効であったため、マウスを接続すれば当然トラックパッドは利かなくなる。そこで設定を変えようとシステム環境設定を開いたが、そのオプションがどこにも見当たらない。どうも新MacBookのシステム環境設定では設定できないようである。
この解決策として、defaultsコマンドによって設定する方法がEnable/Disable Trackpad on New MacBookというエントリで紹介されている。
設定方法はターミナルで
defaults write -g com.apple.mouse.ignoreTrackpadIfMousePresent 0
というコマンドを実行して再ログインする。再びトラックパッドを無効にする場合は末尾の0を1にすればよい。